バツイチ 婚活

私にも子どもにも相応しい女性

相談所の方からご紹介頂く女性は、全て結婚未経験か子どものいない結婚経験者でした。
自らも探してみたのですが、なかなか希望するような方がいらっしゃいませんでした。
他の結婚相談所に変えようかなと考えていた時に、「一度カウンセリングをしましょう」ということで担当者とお話をしました。

 

私の希望は最初と変わっていないことを伝えました。
それでも希望にそぐわない対応であるならば、他の会社を考える意向も伝えました。
担当者の方はこういうアドバイスをしてくださいました。

 

「Hさんのお気持ちは察します。しかし、出産経験者は全体の2割にも満たしておりません。その方達とお会いしたからと言って結婚に至るとは限りません。息子さんとの相性を考えると、もっと確率が下がってしまいます。それならば、結婚未経験者でも相性の良い方と出会う方がHさんの為だと思いますよ。一度でもいいので、結婚未経験者で良いと思える方とお会いしてみてはいかがでしょうか」

 

そう言われると、どの結婚相談所に登録しても私の希望する方と結婚に至るチャンスは少ないかもしれないと感じました。
少し頭を柔らかくして、もう少し多くの女性に目を向けた方が先に進めるだろうと思いました。

 

後日ご紹介された女性は、10歳年下の保育士の方でした。
なんとなく自分自身に似通った意見を持っているし、若い方にしてはしっかりしている印象がありました。
私は初めて紹介された女性とお会いすることにしたのです。

 

実際にお会いしてみると、紹介所の印象そのままの方でした。
話しているだけで気持ちが安らぎ、自分の意見をしっかりと伝えられるところが好印象でした。
彼女と結婚したら、しっかりと凹凸のある夫婦になれるだろうなと思いました。
あんなに頑なに拒否していたのに、私は彼女と次のデートの約束までしてしまいました。

 

それから幾度となく2人で出掛けました。
だいぶ打ち解けてきた頃に、息子に会ってもらうことにしました。
さすがは保育士ですね!
人見知りをする息子がすぐに打ち解けました。
彼女とだったら家族になれそうだと思ったので、息子に「彼女がお母さんになるとしたらどう思う?」と聞いてみました。
息子は「僕はいいけど、お父さんの気持ちはどうなの?」と質問を返されました。
恥ずかしいですが、ここはしっかりと私の気持ちを話しました。
好きでなければ息子に会わせるなんてことはしないのだから。
私にとっても息子にとっても相応しい彼女に、すぐさまプロポーズをしました。

 

婚活をする時は、自分の意見だけを尊重しても駄目ですね。
人の意見を受け入れることで、新たな人との繋がりが見えてくるものなのだと分かりました。

私にも子どもにも相応しい女性|婚活大学関連ページ

母親の必要性
シングルファザーの再婚活動体験談。甘えたい盛りの子供を持つ父親が感じた母親という存在の必要性。そこから始めた再婚に向けた活動の体験談を掲載しています。